婚活パーティーのプロフィールの書き方(男性)

婚活パーティーのプロフィールカード 男性編

婚活パーティーは大人数のスタイルが主流となり、それは多くの出会いを演出できるからです。もちろん出会いの可能性が広がるように、婚活パーティーの主催者側は少しでもカップル成立に貢献しようと、あれこれ工夫してくれるわけです。できたら出会いから結婚が多くなれば、婚活パーティーを運営するにしてもまったくモチベーションが違い、結果は大きく影響しますからね!婚活パーティーを開催する方も、結婚するカップルが誕生してほしいという願いは強くなります。その中から編み出されたのがプロフィールカードとなり、まず婚活パーティーでは短時間に異性全員と自己紹介がてらの接触があります。その時の会話の参考にもできるのが、このプロフィールカードの存在になります。もちろんプロフィールカードへの記入により、参加する異性はどんな人柄だろうと興味が湧くことも充分に考えられますよね!このプロフィールカードは会場に着いてから記入するケースが多いので、なるべく早めに到着するのがお勧めです。充分に考慮できずに欄を埋めるが精一杯になれば内容は浅く、どうしても乱筆になりますからね。さらに婚活パーティープロフィールについて、カップル成立に近づけるように検討してみましょう!

 

婚活パーティープロフィール:ポイント1

まず情報量の記入が少ないと記憶に残りにくいので、また印象としても好意的には見てもらいにくい可能性が高まりますよ。どうしても手抜きとして映りやすく、さらに挽回しようと対面する自己紹介で頑張ったのに、ストレートに受け取られるのかも難しいところ。つまり考え方によってはプロフィールカードへの記入が少ないことから労力を惜しむのに、調子のいいタイプとして見られ、そう判断されてもやむを得ない状況でしょう。その反対に記入が丁寧なら、誠実さとして充分に伝わることも考えられますから。また対面後に相手の手元にも残るので、改めて振り返った時にも、第一印象として明確に思い出しやすいことが想定できます。

 

婚活パーティープロフィール:ポイント2

婚活パーティーは出会いを求めるだけでなく、結婚を視野に入れるのが必須条件と考えてくださいね。だから生涯を共にする伴侶と考えれば、毎日を心地好く過ごせる相手が望ましいのは当然です。もしプロフィールカードに、今後2人でデートする場面が想定できる内容など設問があれば、なるべく具体的に記入をしましょう。もちろん2人で過ごすにも、楽しい時間になりそうと思ってもらうのがポイントです。だからと奇抜なアイデアを展開する必要はなく、映画やドライブなど、簡単な書き方は避けたほうが賢明です。もし映画ならそれだけで終わりにせず、例えばあそこの映画館はポップコーンが美味しいので、一緒に食べ比べをしたいとか。ドライブも思い浮かべやすい立ち寄りスポットを追加記入する方が、よりアピールになります。つまり一緒に楽しもうという気持ちが強い男性の方が、結婚相手としても望ましいのは自然な心理ではないでしょうか?そういうところは抽象的なのに、やたら料理が得意と知れば反応するとなれば、奥さんよりお手伝いさんが欲しいと伝わってしまいますよ!

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。