婚活パーティーの選び方(自分の性格にあわせて婚活タイプを考える)

婚活パーティーへ参加しよう!婚活という言葉が誕生したおかげで、ずいぶん助かっている人は多いでしょうね!ひと昔前なら結婚相手をちゃんと探していても、あまり婚活中とアピールしにくい風潮がありました。出会いを求めるなんていえば浅ましいくらいの勢いで白い目を向けられ、どこか負い目を感じさせる雰囲気が根強くありましたから。下手をすれば周囲からセクハラまがいに噂され、女あさりとか男あさりの扱いでした。そういう無責任でデリカシーのない大人たちの言動により、晩婚化へ進む土壌を作り上げられた一因があるのでは?もし今の時代もそんな人が周囲にいたら無視して、婚活に励む方が絶対に賢明です!そういう人は紹介する気もないのに、イイ人がいないの?なんて聞いてくる大人がほとんど。首を突っ込みたがるくせに、職場のサエない異性を勧める無神経さがありますから。だからと、なかなか自力で婚活が難しいと感じる場合は、婚活パーティーに一度は参加してみるのも大切ですよ!でも婚活パーティーに参加する勇気がないと思うなら、友達同士での参加も多いみたいですから参考にしてくださいね。

婚活パーティー選び方:基本として

まず婚活パーティー選び方として基本情報ですが、もちろん結婚を想定した出会いを求める男女が集まります。だから単純に異性との出会いを求めるより、ちゃんと結婚までを視野に入れて参加することはお忘れなく!そうしないとせっかく出会いがあっても、重過ぎるなんてお断りしたら失礼ですからね。もちろん交際中に重過ぎると感じるのは仕方がありませんが、いきなり結婚とか話題にするから重いというくらいであれば、婚活パーティーへ参加するタイミングとは違うかもしれませんよ!むしろ出会いを求めるだけなら婚活パーティーより、「街コン」などへ参加することを検討してみてください。

そして、あくまでも平均的なデータですが男性は25歳から49歳まで、女性は22歳から45歳までの設定になる婚活パーティーが多いそうです。もちろん、それ以上の年代を対象にした婚活パーティー選び方もありますから、なるべく条件にそった内容の方が参加するにも気楽でしょうね。少なくとも婚活パーティーに行ったら、自分だけ場違いという息苦しさを体験しなくて済みそうです。

 

婚活パーティー選び方:幅広いスタイル

さらに婚活パーティー選び方として具体的に見ると、まずパーティー形式で出会いを演出されます。これはだいたい大人数が主流でも、少人数のスタイルも増えつつあります。大人数の婚活パーティーとは情報番組で紹介されたり、ドラマの設定になりやすい、次々と男女が自己紹介をしていくスタイルです。だから回転寿司のようでもありますが、一度に多くの異性と出会えますよ。そして少人数の婚活パーティーとは、同人数の異性をセッティングするので、一見は合コンスタイルですね。会話を重視できますが、その代わり知らない人でも会話が続くタイプでないと、むしろ人見知りという人は危険かも!また異業種交流という婚活パーティー選び方もありますが、もっと趣味やライフスタイルから設定した婚活パーティー選び方がお勧めです。いわゆる趣味からセッティングされ、よく知られるのがお料理、それからスポーツ観戦などニュース報道で伝えられますよね。他にもペットやゴルフ、陶芸体験など、より自然な出会いを期待できる婚活パーティーの選び方になりそうですね!

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。