婚活パーティーでの会話注意点(女性)

婚活パーティーの会話 女性編

女性はおしゃべりが大好きなはずなのに、会話上手は少ないのが現実です。しかし、なぜか自分は話し上手と思い込む女性が多く、これは同性からも密かに困った存在と思われてしまいます。もしかしたら気づいてないだけで、自分の話し上手は独りよがりになってないか、もう一度見つめ直してくださいね。何度も婚活パーティーに参加しているのに、なかなか成果を望めないという女性は、特に婚活パーティー会話は軽視していませんか?おしゃべりでなく会話が成立しているのか、冷静な視点を自分に向けてみましょう!

 

婚活パーティー会話の注意点1:饒舌なタイプ

話し上手と饒舌は、まったく印象が違うことをよく自覚してください。特に女性はたくさんしゃべることを話し上手と思い込んでいるタイプが多く、周囲は呆れている可能性もあります。しかも困るのはミーティングなどで発言が必要な時は消極的になり、そういう時は押し黙る女性が多いのも特徴的です。もしくは話題は自分から出さないのに、いつも人の話題をとって、我が物顔でしゃべり続けるタイプ。つまり相手には気が利かないという印象しか与えず、少し会話すれば読み取れる証拠です。だいたい饒舌なタイプは自分を明るい性格とするか、ホントは根暗なのに頑張り屋さんなど、どちらにせよ自己過大評価の傾向がみられます。根本的に協調性や順応性など未熟な印象に映り、社会的な大人の精神性が伝わらないので、婚活パーティーでもなかなか実績を残せない可能性が考えられますよ!

 

婚活パーティー会話の注意点2:聞き役

会話は話すより聞き役の方が難しく、高度な話術になります。そういうと相槌をうつことをすればいいと短絡的な女性が多いのですが、会話を広げるのは聞く方の役割になります。だから聞く立場を軽視し過ぎるので、よく話芸のプロとされる芸人さんは、一般の会話に聞き耳を立てると低評価なのも納得です。やはり芸人さんからすると、簡単にいうと聞き役が雑だそうですから!つまり会話は主導権を握る方が楽な立場だから、女性は聞き役を放棄してませんか?そんな話し相手に魅力を感じないのは当然でしょうから、まず聞き上手の女性とは一般的にも評価が高いのは自然の法則になります。さらに聞き上手というだけで尊重されることが伝わるように、それだけ希少価値の高い存在になり得るのです。

そして聞き上手とは、その人と話していると、わたしでも面白い会話ができると思わせる魔力があります。そういう相手と結婚生活を想定した方が楽しみなのは自然な感情ですから、会話からの魅力について根本的に勘違いしてないかを見直しましょう。価値観が違うという逃げ道を作ってばかりでは成長ができませんから、しっかり自分で軌道修正してくださいね!

それから聞き役のようで、まったく聞いてない女性は簡単に見抜かれてしまいますよ。それとも倍返しではないのですが、いちいち過剰に返す女性もいて、結局は自己主張の強さとして伝わります。あくまでも会話が成立することを重要視されるのは、相手に配慮できる繊細さが問われるわけですから。改めて会話の際には、もっと神経を集中してみましょうね!

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。