婚活パーティーでの嫌われないアピール方法(男性)

婚活パーティーのアピール方法 男性編

ようやく結婚を望むようになり婚活を始めたのに、なかなか成果を期待できない婚活パーティーのチャレンジが続くと、メンタル的にもダメージを受けます。しかも、せっかく好みの女性に出会えたのに好意を感じてもらえないのであれば、この先も成果を期待できなくなります。しかし当事者であれば、どうしても何がいけないのか、それが分からないという方程式が成立してしまうみたい。少し客観的視点を自分に向ける習性をつけたいものですが、そうなると日常から精神的な鍛錬が必要かもしれませんね。その上でアピール上手を目指す必要があり、どうやれば自分の婚活パーティーアピール方法が効果的なのかを考えてみましょう!

 

婚活パーティーアピール方法その1:不評な男性

大人数になる婚活パーティーでは、どうしてもルックス重視の傾向に向かうそうです。そうなるとルックスの良い男性は限られてしまい、男性の方が人気は集中しやすいと考えられます。その反面ルックスが少しでもいいと、ナルシスト的な自惚れ発言が多いという女性側のブーイングも目立ちます。だからパッと見のルックスだけで魅了できても、女性側からすれば会話したら中身が薄いと判断されているのかも。だから一見は人気が集中するようでも、成果に結びつかないのはアピール不足と認識しましょう!きっと美人と同様にルックスだけでは3日で飽きられますから、自己過大評価をせず、謙虚な気持ちを忘れないでくださいね。

 

婚活パーティーアピール方法その2:誠実さのギャップ

女性が婚活パーティーで嫌う代表例は結婚に真剣みがなく、単なる女あさりと感じられる男性です。結局ルックスの良い男性には人気が集中する分、同じくらい厳しい視線が向けられるのかもしれません。だから婚活パーティーに参加するほど結婚について前向きで、人生を共に送る伴侶を求める思いが伝われば、誠実さとしてのギャップになる可能性が高いわけです。本気で結婚相手を探しに婚活パーティーに参加したなら、それを素直に表現すれば良いだけです。会場の雰囲気やムードに流されないように、自分の信念がブレると、本来の良さをアピールするに至らない危険性が高まりますよ!婚活パーティーに参加する意味を見失うことがないように、しっかり地に足を付けて臨みましょうね。

 

婚活パーティーアピール方法その3:親近感

しかし自分は特にルックスが際立つわけでもないのに、同じく婚活パーティーの成果が期待できないとなれば、これは自己アピールをもっと頑張りましょうね!それにルックスがいまいちなど自己評価の冷静さは、もしかしたら参加者の中では突出する可能性が高いわけですよね。そのクレーバーな内面がストレートに伝われば、まさにアピール成功です。しかし小難しいことを婚活パーティーで披露するのは逆効果ですから、まずルックスが端整でないことにより、女性に警戒されないというメリットがあります。さらに距離を近づける方法として考えるなら、親近感を抱きやすいルックスと理解しましょう!だから実際に見た目通り、話しやすい人というアピール法が、ダイレクトな魅力として伝わりやすいと考えられますよ。

コメント

Sorry, comments are closed.

トラックバック用のアドレスはコチラです。